甲府リバーサイドタウン

 

甲府リバーサイドタウンでは毎週末「現地見学会」を開催中!お探しの土地や魅力あふれる建売住宅などお気軽にご相談ください。

0120-4919-62 営業時間9:00〜18:00

お問い合わせ

ホーム » スタッフブログ » ペルセウス座流星群はいつ見える?

スタッフブログ

ペルセウス座流星群はいつ見える?

こんにちは!甲府リバーサイドタウン三宮です。

8月もそろそろ半ば、暑い日が続いていますが皆さまいかがお過ごしですか?(^^)

夏休みも半分が過ぎたこの時期は、残りのお休みを子どもたちと何をして過ごそうか…
と悩むご家庭も多いのではないでしょうか?

日が沈んで涼しい夜、おすすめしたいのが流星群の観察です。
この時期は夏の流星群「ペルセウス座流星群」がもうすぐ観察できるようになります。

今年は8月13日あたりが見頃とのことで、月の状況からしても比較的好条件で観察することができるようです。
ピークでは、1時間で40個の流星が観察できるようですよ!!
これだけ見れれば、お願い事もたくさんできそうですね(^^)(笑)

アニメにもよく出てきて、小さい子も知っている流れ星。
でも流れ星ってなに?ときかれたら、正確に教えてあげられるでしょうか??

宇宙のどこかの星が落っこちて光っているものだと勝手にイメージしていたのですが、
その正体は実は、宇宙空間にある1mm~数cm程度の小さなチリの粒だそうです!

その小さな粒が地球の大気に飛び込んで、高温で気化したときに光を放つのですが、
それが地上から見ると星が流れたように見えるのだそうです。

で、彗星の軌道上に密集するチリ(彗星のまわりの輪っかのことです)
と地球の大気が交わったとき、たくさんのチリが大気に飛び込むことになり、
たくさんの流れ星、つまり流星群が発生するそうです。

ご存じでしたか??(^_^)/
あんなにきれいなのに、正体は宇宙のチリだったなんでびっくりですね!
 

当日くもりで空が見えなくても、前後の日に観察できることもあるようなので、
流れ星は宇宙のチリなんだよ~とお話しながら、
ぜひご家族みなさまで夜空を眺めてみてくださいね!!☆

前のページへ戻る