甲府リバーサイドタウン

 

甲府リバーサイドタウンでは毎週末「現地見学会」を開催中!お探しの土地や魅力あふれる建売住宅などお気軽にご相談ください。

0120-4919-62 営業時間9:00〜18:00

お問い合わせ

ホーム » 建築現場レポート » 基礎立ち上がり

建築現場レポート

基礎立ち上がり

先日、第三者機関による配筋検査が行われ、図面の通りに問題なく組まれていますとの結果が出ましたので次の工程に進みます。
次の工程は、基礎外周の立ち上がりの型枠をつくり、床部分にコンクリートを打設していきます。

流し込まれたコンクリートを職人さんが平らにしていきます。

床部分に敷き終わったら、内部の立ち上がりを配筋に沿って型枠を組みます。

この型枠の中にコンクリートを流し、型枠を外すと基礎の立ち上がりができます!

流し込んでしまうと固まってしまうので、「アンカーボルト」を先に設置していきます。
このアンカーボルトは基礎と建物の土台を繋ぐ重要な金具です。
中央の長いものは、「ホールダウン」という基礎と柱を繋ぐ金具です。

前のページへ戻る